自分勝手に私。

単なる自己満足ブログになると思います。笑 メール:kensho.tottori@gmail.com

【スタートはドリプラでした。】

 

皆さんこんばんは!


学生ドリームプランプレゼンテーション大阪 実行委員の 鳥取大学 1回生 兼城賢翔です🦀󾠔

 

今回はドリプラに出会ったきっかけと、イベント当日のお話をさせてください󾍓󾭠
長くなりますw

 

 

 

昨日は学生ドリプラの本番イベントが、大阪中央公会堂にて開催され、微力ながら僕も実行委員として運営を手伝いに行きました󾌲󾠔

 

学生ドリプラとは「学生が夢を語り、その夢の実現に向けて挑戦していく社会をつくる」を理念に、毎年6名の学生が自分の夢を500人以上の前でプレゼンするといったものです。そして、後援を募ったり、一緒にその夢実現に向けて協力してくれる仲間を集めるんです󾌲

 


僕が大学に入りたての頃、イメージしていた大学生活とのギャップで少し落ち込んでいました。

 

大学には「一度きりの大学生活、自分のやりたいこと挑戦していこうぜ!!」と言って、東南アジアにバックパックで旅したり、カフェやバーで起業したり、ヒッチハイクしたり、学生主体でいろんなイベントを開催したり、そんなキラキラしている学生が溢れていると思っていたから。(当時はそんな鳥大生と出会えていなかった。󾌴)

 

「このままでは、僕自身も面白くない学生になってしまう。僕には知らない世界が沢山あるはず。とにかく関西に出てそこの学生と関わり、もっと視野を広げたい!」

 

そう思って大阪の学生団体に入ることを決意し、見つけたのが「学生ドリプラ」でした󾌳󾭠

鳥取からの実行委員?!」ということで他の団体の方からはだいぶ珍しがられますが、現状としてはお金があまりなく、1ヶ月に1回、または2ヶ月に1回のペースでしか全体ミーテングに参加できませんでした。

 

そんな中でも実行委員のメンバーや、プレゼンターの方たちは「けんしょう、来てくれてありがとう」「頼りにしてるで」など、僕がミーテングに参加したとき、温かく家族のように迎えてくれました。

 

特に、ひろさんは週一のペースで電話ミーテングしてくれました。本当にありがとうございました󾍓󾌺

 

みんなのおかげで学生ドリプラが大好きになりました󾌳󾭠

しかし、そんな大好きなメンバーに会えるのは月に一度。

 

そこで思いついたのが「大阪に行くことができないなら、ここでできることをやろう!なかったらつくろう󾍗󾭠」でした。

 

それからはいろんなイベントに参加したり、団体を立ち上げてみたりしました󾌲󾠔

ドリプラで学んだ広報術や集客術も駆使したりしましたw

鳥取での学生生活もとても充実してきたのです󾍗

 

 


そして迎えたイベント当日。

先に待っていたメンバーに会うと「けんしょうやん、久しぶり!」と歓迎してくれた󾌺

メンバー全員、そしてプレゼンターの方も僕を歓迎してくれました!

とても嬉しかったです󾌺󾭠

 

本番中はでいさんと遊撃という仕事をしました

舞台袖で、プレゼンターが最高に緊張している瞬間に一緒にいたのです

そんな中、パートナーがプレゼンターを励ましている姿を見ると、パートナーの存在はデカかったと思います󾌺󾭠

 

予定より人数は少なかったけどイベントは大成功を収めることができました󾭠

僕はほんの少ししか力になれていないけど、実行委員とプレゼンターの絶対に成功させたいという気持ち、これまで支えてくれた人たち、そして当日来場してくれた方々。皆さんのおかげだと思っております󾍓󾍓

 

本当にありがとうございます󾍓󾍓󾭠

 

僕自身、これからはドリプラを通して広がった価値観や学んことを活かし、それを鳥取で擦り合わせていけたらと思っております󾭠

 

もっともっと成長し、デカイ男になった僕をみんなに見てもらうことでドリプラの恩を返していきます!

 

引き続き兼城賢翔をよろしくお願いします󾍓

 

この度はお世話になりました!!

ありがとうございました!󾭠󾍓