自分勝手に私。

単なる自己満足ブログになると思います。笑 メール:kensho.tottori@gmail.com

初の東京♩

こんばんは♪
先日、初東京&初京都してきました。兼城賢翔です?

5日(土)東京では"地域ベンチャー留学フェア"

6日(日)京都では"関西学生サミット"

に参加してきました??

 

 

【地域ベンチャー留学フェア&大尊敬する友達との再会】

4日の23時に鳥取から東京に向けて鳥取大学前駅かはバスが発車しました♪

バスに揺られること約12時間。

不慣れなバス移動でとても疲れました?

フェア開催まで少し時間があったので、バスの隣の席で仲良くなった一つ上の先輩と渋谷に行くことにしました?

かわいいわんちゃん、映画でよく見るスクランブル交差点。

鳥取ではありえないほどの人の多さに酔いそうでした?

 

そしていよいよ地域ベンチャー留学フェア?

一般のインターンと違い、地域ベンチャー留学のインターンは"課題解決型"でとてもやりがいがある取り組みだそうです

確かに僕のイメージしていた、作業をこなしてスキルを身につけていくようなインターンとは違い、1ヶ月間しっかりと地域でベンチャーに取り組んでいる人の右腕となり、一緒に活動していけるプログラムはとても魅力的だと感じました?✨

どのプログラムでも共通していたのは"その地域の強みを活かす"ということです

「日本一の蛍」や「世界初のアンコウ研究所」などの地域資源を活用し、人口を増やしたり、地域の魅力づくりを目指しています。

地域の強みとは各地域様々で、プロジェクトのプレゼンデーションは聞いていてとても楽しかったです?✨

と、同時に、定番ではない地域資源を活かしたプロジェクトはないのかと気になりました。

定番な地域資源といえば、そこで大量に生産できる農産物や、美しい景観、観光地などが挙げられるでしょう

僕はそんな定番な地域資源だけを活用するのではなく、もっと定番ではない地域資源も活用していくことが、新しい地域の魅力づくりだったりに繋がり、地域の課題も解決していけるのではないかと考えています?

最近"ノーマライゼーション"の考え方を学びました。

いわゆる社会的に弱い立場にいる人たち(老人、引きこもり、障がい者)も健常者同様、普通の生活を送るれるように支援する。という考え方です。

老人、引きこもり、障がい者などは、地域の中ではマイナスなイメージがあり、地域社会から切り離される傾向があります。

しかし、彼らを"人材"という一つの地域資源とし、その資源を活用した地域の魅力づくりができたら…

適切な表現じゃないかもしれませんが、地域をボトムアップしていけると思います。

とりあえず、手始めに鳥取の老人、引きこもり、障がい者について調べてみようと思います?✨

 

地域ベンチャー留学の後は、夢フェスで出会ったテトラに会いに行った?✨

テトラはめっちゃ好きで、めっちゃ尊敬してて、めっちゃ頭良くて、めっちゃ好きな友達!!?

めっちゃ好き二回言ってる。笑

テトラと中野で待ち合わせして、ご飯食べて、スカイツリー→雷門→東京タワー→新宿をたった4時間で回った?

途中で「起業してみたい」って話したら、実はテトラも大学生の時に起業しようとしていたみたいで、いろんなこと教えてもらった(*^^*)

特にディスカウントキャッシュフロー方式の話が分かりやすくて面白かった?✨

テトラは本来の夢である弁護士になった後、起業したいって話してた??

何もかもにも興味を持って、常に勉強する姿勢は本当に見習う!!

毎日10時間も勉強してるって。

自分の甘さに気付かされました?

もっと知識と実践を積んで、今より大きくなって会いに行きたい!

そして東京を満喫したあと、テトラと握手して夜行バスに乗り込み梅田に向かいました♪.

 

この後の関西学生サミットの投稿は後日します??

そろそろ遅いので寝ます?