読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分勝手に私。

単なる自己満足ブログになると思います。笑 メール:kensho.tottori@gmail.com

Connection's 〜ムーブメントを起こしたい〜 パート②

 

今日は高校生がプロデュースしている「まちなかチャレンジデー」の公開ミーティングがあったので見に来ています😊兼城賢翔です。

鳥取には何もないって聞いていましたが、そんなことはないんだって僕は思います。

だって、こんな一生懸命な高校生(人材)がいるんですから♩

 

さっそく、僕がConnection's を始めようと思った2つ目のきっかけを話します。

僕がConnection's を始めようと思ったもう一つのきっかけ、それは、、、

 

スポンサーリンク

 

 

地元、沖縄にいるアツい人と出会ったからです。

 

今思えば彼との出会いが僕にとってターニングポイントだったと思います。

 

 

沖縄と言えば、青い海、美しい自然、独特な文化。

 

年間700万人以上もの観光客が、沖縄の魅力に浸ろうと、家族や恋人、友人たちと小さ

な島国に訪れているそうです。

 

2020年頃にはあの有名なテーマパーク「ユニバーサルスタジオ」が完成する予定で、さらに沖縄は活気付くことでしょう。

 

とにかく誇れるものが多く、魅力的な地域なんです。

 

 

 

その反面、現代にも関連する悲惨な歴史だったり、重大な課題。

 

観光業が盛んなあまり、ホテル設置を目的に森林は切り倒され、海は埋め立てられる。

 

経済の発展だけに従事しすぎて、そもそもの沖縄の海や森などの魅力が無くなりつつあるのも事実なんです。

 

政治的にも、ご存知の通り米軍の基地があります。

 

日本にある米軍基地の75パーセントが沖縄にあります。

 

さらに、沖縄国際大学に、ヘリコプターが墜落したこともあります。

 

 

 

このように、一見明るく見える沖縄でも、見えにくい暗い部分もあるんですね。

 

 

 

 

そんな明るい面も暗い面もある、ボリュームたっぷりの沖縄。

 

僕たちは幼い頃からずっと身近に感じてきました。

 

沖縄戦の体験談をおじぃ、おばぁから悲惨な沖縄戦の話を聞いてきたり、汚れていくサンゴの話とか、、、

 

だから沖縄のことを深く考える若者たちがたくさいるんです。

 

沖縄を深く考えるから、いろんなことを知り、沖縄が好きになる。

 

そんな、勝手な方程式を立てています。笑

 

 

 

沖縄には沖縄が好きな学生が多いので、沖縄を元気にしたいと思う学生が多いんです。

 

 

 

 

 

そんな中、2015年3月、一人のアツい男と出会いました。

 

確か雨の日で、少し遅刻して待ち合わせ場所のスターバックスに到着したのを覚えています。

 

 

 

彼は沖縄の学生1200人を集めてムーブメントを起こそうとしている人です。

 

そのために「MOVEMENT 2015」というイベントを企画してます。

 

 

僕はスターバックスで彼が「沖縄でTEDxを開催する!」と言っていた時から彼の夢を聞いていました。

 

彼の実績を聞くと本当にすごいものばかり、、、

 

しかし、彼は謙虚で「俺ができたからお前もできる」そう言ってくれました。

 

 

残念ながらTEDxはできませんでしたが、その代わりに今月11月15日「MOVEMENT 2015」を企画するとになったのです。

 

「沖縄の学生を盛り上げたい」

 

彼はいつもやりたいことがあったら全力で取り組んでいます。

 

 

 

その彼の姿が僕にはものすごくカッコよく見え、僕の生き方を決めてしまったのです。

 

 

 

「大学生になったら、彼みたいにやりたいことを本気でやろう」

 

そう決めていました。

 

だから、前回の記事でも述べた学生ドリプラにも参加しようと思ったし、日本をまたにかけてやりたいことをやろう。と思ったんです。

 

 

 

そして、今やりたいこたとが鳥取の学生を活性化することなんです。

 

 

 

 

尊敬する彼と同じことがしたい。

 

もちろんそれだけじゃないけど、彼に追いつきたい。そして追い越したいんです。

 

ほかにもたくさん理由はありますが日が明けちゃうので、ここは割愛。w

 

聞いてくれたらいつでも話しますので、どうぞ宜しくお願いします笑

 

 

 

僕はものすごく不器用です。

 

だから失敗から学ぶしかないんです。

 

たくさん挑戦して、たくさん失敗して、たくさん楽しいことをして、、、

 

そうやって僕も彼のようにかっこいいアツい人になりたいんです。

 

 

 

 

 

彼がいたから僕はやりたいこと「Connection's」をやりたいと思っているんです。

 

 

スポンサーリンク