自分勝手に私。

単なる自己満足ブログになると思います。笑 メール:kensho.tottori@gmail.com

ながーい棒と短い棒♩支ーえ合って「人」になる♩

 

 

「人」という漢字は、長い棒(強い人)と短い棒(弱い人)が支え合って成り立っている。

 

 

スポンサーリンク

 

 

皆さん一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか?

 

僕は幼い頃よく言われていましたw

 

小学生の頃、掃除が早く終わって友達とお喋りしているのを先生たちに見つかると「自分達の清掃区域が終わったんだったら、終わってない友達の所いって手伝いなさい!」と、当たり前の様に怒鳴られてきましたね。w

 

家族の誰かが風邪になった時は、その人の分の仕事は当たり前の様に皆んなで分担して取り組みました。洗濯とか、食器洗いとか、食事とか、、、

 

まぁ、当たり前の様に怒鳴られてきたからこそ「思いやり」だったり「きづかい」だったり、”人と人の支え合い”ってのを当たり前に身につけてきたんだと思います。

 

僕の周りの人たちも”人と人の支え合い”を身につけていると思います。

 

講義に遅刻しそうになった時、代筆を頼めば協力してくれるし。テスト範囲を聞けば共有してくれるし。ww

 

僕も含めて、そのようなことが”支え合い”だとは意識しておらず、むしろ当たり前のことだと思っていると思います。笑

 

 

 

しかし、当たり前の中で身につけてしまった分、そういった「支え合い」に気づきにくい環境になってるんじゃないかな。そんな風にも思うわけです。

 

 

 

「与えられているだけで、自分は全く他人に何も与えていないのではないか」そんなことすらもはっきりとは分からない。

 

 

 

偉そうに言ってるけど、そんなのは僕だけかもしれないですね。w

ってことで今回はそんな自分を改める、反省の投稿にしたいと思います♩

 

 

 

今日は前回の投稿でも触れました「ゆるキャラカップ」に参加してきました♩

 

天気も良くて心地よい風が流れていました。

 

そんな中集ったゆるキャラたち。

 

今日の種目は午前中に駅伝、午後にパラグライダー。

 

かわいい容姿とは裏腹に、砂まみれになりながらも本気で砂丘を駆け抜けるゆるキャラたち。

 

「大丈夫かな?」誰もが心配した着ぐるみを着てのパラグライダー。

 

怪我もなく、一般客も方も楽しそうにしていたので、1日目は成功したと思います♩

 

 

僕はゆるキャラを着て「パラグライダー」に挑戦しました。

 

初の着ぐるみ!初のパラグライダー!

 

初めてのことを2つ一気に経験できる、まさに一石二鳥じゃん♩

 

気分は絶好調♩

 

急いで着ぐるみに着替え、小走りで控え室を出ました。

 

「がんばるぞー♩」

 

・・・喜んでいたのも束の間。

 

着ぐるみの中はほぼ密封状態。あつい。

 

砂丘内を着ぐるみで1時間程度かけて、パラグライダーをする地点まで移動する。

 

パラグライダーはある程度飛べたけど、控え室まで30分程度かかる。

 

砂の上を歩くので本当にしんどい。

 

それでいて、子どもたちや観光客が近ずいてきたら、ぴょんぴょん跳ねて手を細かく早く可愛く振らないといけない。

 

それらの過酷な状況に加え、着ぐるみの構造上視界が悪い。ってかみえない。

 

喜んでる人の顔、パラグライダーで飛んでいるときの景色。

 

見えない。

 

なにも見えないんですよ。

 

当初の着ぐるみのイメージはとっくにありませんでした。

 

愛くるしい着ぐるみの中には、酷い顔した僕がいたとおもいます。それこそ再現できない顔w

 

そんな鳥取大砂丘の中、常に僕の手を持って誘導してくれたアテンドの方3名がいました。

 

うち2人は友達でした。

 

最初は一人が僕の手を引いて誘導していました。

 

でも、僕がきつくなってきた時、その手は二人になり。

 

登りや下りなどの時、その手は3つになっていました。

 

本当に感動しました。

 

「アテンドだからサポートするのは当たり前」

 

そうです。その通りです。

 

その当たり前になっていた、空気のような”支え合い”に気づけたからすごく嬉しかったし「大丈夫?」「休憩する?」の言葉が激しく涙腺を刺激したんです。

 

そしてもう一つ気づいたこと、それは

 

「環境を変えないと当たり前に気づかない」

 

 ということ。

 

着ぐるみという楽しそうだけど、過酷な環境にいたからこそ”支え合い”の大切さにき気づけたと思う。

 

今置かれている環境に満足してはいけない、の意味がわかりました。

 

気づかないんです。僕、バカなんです。

 

だから、これからも不器用なりにいろんな環境に身を置いて

 

当たり前の素晴らしさを実感していこうと思った。

 

そんな日でした。

 

 

PS:ハッピーハロウィン。僕はしっかり着ぐるみ着て仮装しましたよ。笑

 

 

 

 

 

スポンサーリンク