自分勝手に私。

単なる自己満足ブログになると思います。笑 メール:kensho.tottori@gmail.com

【わたしについて】〜小学校時代〜 コンプレック

 

 

スポンサーリンク

 

 

家の話をするのが大嫌いでした。

 

 

 

両親は離婚していて、僕は父と一緒に父方のお父さん、お母さんの所に来ました。僕からしたらおじいちゃんと、おばあちゃんです。

 

おじぃ。おばぁ。めちゃくちゃ優しい人です。

 

毎日寝ているときに、布団ちゃんと被っているか部屋に確認しにきます。

 

朝・昼・晩のご飯は毎日大盛りで出してくれました。

 

「人並みのいかつをさせてあげたい」

 

そんな思いで僕はおじぃ、おばぁに育てられました。

 

お父さんっ子だった僕は、父と人情に溢れているおじぃおばぁと暮らしていたんです。

 

とはいえ、もともとおじぃおばぁの家はお金がなく、すごく家もふるいんです。笑

 

でも、僕と父が困っていたので、やさしいおばぁ達は僕らを引きってくれたんです。

 

 

 

小学校の1年生の頃、おじぃが授業参観に来てくれました。

 

ちょうどその時、親子で協力して行うワークで、僕はおじぃと協力してやっていました。

 

すると、どこからこんな声が聞こえたんです

 

 

 

「けんしょうのとこ、おじいちゃんがきてるー」

 

 

 

だからなんだよ。

 

ってツッコミたくなりますが、当時はなぜかその言葉がものすごくショックで

 

「二度と家族を学校には呼ばない」

 

と決めていました。

 

 

 

ある程度ものごころがついてきた小学4年生の頃。

 

クラスのイケイケな女の子たちが僕に群がってくるのです。

 

「好きな女の子のタイプなにー?」

 

「けんしょうっておもしろいー!」

 

「グループ一緒になっていい?」

 

 

 

 

 

こいつら絶対俺のことすきだろぉおぉ!!!

 

 

 

 

 

そう思っていました。

 

その中には気になっていた子もいて、学校は毎日楽しかったです。

 

ある日、僕が一人で帰っているとこんな声が聞こえてくるんです。

 

 

「キャー、バレる!」

 

「ちょと静かにしてっ!」

 

 

そう、イケイケな女の子たちがついてきていたんです。

 

 

かっこつけて気づいていないふりをして歩いていました。

 

彼女たちはひたすら僕との距離を一定に保ったままついてきました。

 

そして家につき、いつものように家に入ったんです。

 

やはり彼女たちのことが気になり、しばらくドアの隙間から様子を伺っていました。

 

 

 

 

 

「ここがけんしょうの家?」

 

「ふるくない?」

 

「もーかえろー」

 

 

 

ショックでした。

 

勝手についてくるんじゃねぇよ、ばーか!!

 

築35年以上あるおじぃおばぁの家なめるな!!

 

 

 

一人泣きながらそう呟いていました。

 

 

 

 

 

ある日、友達のお母さんからこう尋ねられました。

 

 

「お父さんとお母さん何してるの?」

 

 

お母さんはいなくて、お父さんはなんかアルバイトしています。

 

 

当時の父はおじぃおばぁに僕を預けて、自分は自分が遊ぶだけのお金を稼ぎ、生活していました。

それでいて酒癖がわるく、扇風機を投げつけられたこともありました。

 

 

「お母さんとお父さん離婚しているんだ〜。しかもアルバイトって、、」

 

 

なんだよその軽蔑した眼差しは。

 

 

またまたショックでした。

 

 

 

 

とにかく、家族や、お家や、お父さんにいろいろあって「家」がコンプレックスだったんです。

 

だから、小学校から高校までの間で友達をお家に入れたことは、数えられるくらいしかありません。

 

授業参観も一度も呼んだこともありません。

 

 

 

おじぃおばぁと暮らしているのだけで、、、

 

お父さんが酒好きで、ろくに仕事もしないせいで、、、

 

両親が離婚しているせいで、、、

 

家が古いせいで、、、

 

 

 

こんな家大嫌いでした。

 

小学生ながら一人暮らししたいと願っていました。

 

友達と遊んでいる時なんて、絶対に帰りたくない、と思っていました。

 

他に帰る場所があるんじゃないか。

 

なんて考えたりもしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

、、、そんな中ある転機が訪れるんです。

 

 

続きはあした♩

 

スポンサーリンク

 

 

 

Connection's 〜ムーブメントを起こしたい〜 パート②

 

今日は高校生がプロデュースしている「まちなかチャレンジデー」の公開ミーティングがあったので見に来ています😊兼城賢翔です。

鳥取には何もないって聞いていましたが、そんなことはないんだって僕は思います。

だって、こんな一生懸命な高校生(人材)がいるんですから♩

 

さっそく、僕がConnection's を始めようと思った2つ目のきっかけを話します。

僕がConnection's を始めようと思ったもう一つのきっかけ、それは、、、

 

スポンサーリンク

 

 

地元、沖縄にいるアツい人と出会ったからです。

 

今思えば彼との出会いが僕にとってターニングポイントだったと思います。

 

 

沖縄と言えば、青い海、美しい自然、独特な文化。

 

年間700万人以上もの観光客が、沖縄の魅力に浸ろうと、家族や恋人、友人たちと小さ

な島国に訪れているそうです。

 

2020年頃にはあの有名なテーマパーク「ユニバーサルスタジオ」が完成する予定で、さらに沖縄は活気付くことでしょう。

 

とにかく誇れるものが多く、魅力的な地域なんです。

 

 

 

その反面、現代にも関連する悲惨な歴史だったり、重大な課題。

 

観光業が盛んなあまり、ホテル設置を目的に森林は切り倒され、海は埋め立てられる。

 

経済の発展だけに従事しすぎて、そもそもの沖縄の海や森などの魅力が無くなりつつあるのも事実なんです。

 

政治的にも、ご存知の通り米軍の基地があります。

 

日本にある米軍基地の75パーセントが沖縄にあります。

 

さらに、沖縄国際大学に、ヘリコプターが墜落したこともあります。

 

 

 

このように、一見明るく見える沖縄でも、見えにくい暗い部分もあるんですね。

 

 

 

 

そんな明るい面も暗い面もある、ボリュームたっぷりの沖縄。

 

僕たちは幼い頃からずっと身近に感じてきました。

 

沖縄戦の体験談をおじぃ、おばぁから悲惨な沖縄戦の話を聞いてきたり、汚れていくサンゴの話とか、、、

 

だから沖縄のことを深く考える若者たちがたくさいるんです。

 

沖縄を深く考えるから、いろんなことを知り、沖縄が好きになる。

 

そんな、勝手な方程式を立てています。笑

 

 

 

沖縄には沖縄が好きな学生が多いので、沖縄を元気にしたいと思う学生が多いんです。

 

 

 

 

 

そんな中、2015年3月、一人のアツい男と出会いました。

 

確か雨の日で、少し遅刻して待ち合わせ場所のスターバックスに到着したのを覚えています。

 

 

 

彼は沖縄の学生1200人を集めてムーブメントを起こそうとしている人です。

 

そのために「MOVEMENT 2015」というイベントを企画してます。

 

 

僕はスターバックスで彼が「沖縄でTEDxを開催する!」と言っていた時から彼の夢を聞いていました。

 

彼の実績を聞くと本当にすごいものばかり、、、

 

しかし、彼は謙虚で「俺ができたからお前もできる」そう言ってくれました。

 

 

残念ながらTEDxはできませんでしたが、その代わりに今月11月15日「MOVEMENT 2015」を企画するとになったのです。

 

「沖縄の学生を盛り上げたい」

 

彼はいつもやりたいことがあったら全力で取り組んでいます。

 

 

 

その彼の姿が僕にはものすごくカッコよく見え、僕の生き方を決めてしまったのです。

 

 

 

「大学生になったら、彼みたいにやりたいことを本気でやろう」

 

そう決めていました。

 

だから、前回の記事でも述べた学生ドリプラにも参加しようと思ったし、日本をまたにかけてやりたいことをやろう。と思ったんです。

 

 

 

そして、今やりたいこたとが鳥取の学生を活性化することなんです。

 

 

 

 

尊敬する彼と同じことがしたい。

 

もちろんそれだけじゃないけど、彼に追いつきたい。そして追い越したいんです。

 

ほかにもたくさん理由はありますが日が明けちゃうので、ここは割愛。w

 

聞いてくれたらいつでも話しますので、どうぞ宜しくお願いします笑

 

 

 

僕はものすごく不器用です。

 

だから失敗から学ぶしかないんです。

 

たくさん挑戦して、たくさん失敗して、たくさん楽しいことをして、、、

 

そうやって僕も彼のようにかっこいいアツい人になりたいんです。

 

 

 

 

 

彼がいたから僕はやりたいこと「Connection's」をやりたいと思っているんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

ゆるキャラカップ2日目(最終日)

こんばんは!

 

スポンサーリンク

 

今日、立ちながら寝かけました。兼城賢翔です。w

 

 

最近急に寒くなって、体調管理が大切な時期になってきましたね。

 

あまりにも今朝寒かったので、久しぶりにカイロを買いました♩

 

冷え性の僕にとって、相棒になっていくものだと思うので、今のうちにしっかりもみもみして、挨拶しましたよ♩w

 

 

 

さて、今日はゆるキャラカップの2日目でした!

 

場所は鳥取大砂丘からこどもの国の広場へ移動し、「なわとび」「おすもう」「39m走(さきゅうめーとるそう)」「リレー」の4種目を行いました♩

 

その中の「なわとび」「39m走(さきゅうめーとるそう)」「リレー」の三つの種目に出場しました。

 

なわとびは誤審で負けました。

 

負け惜しみなんかではないですよ!!

 

本当にあれは誤審です。w

 

運営側の暗い思惑が見えた気がしました。

 

まぁ、どっちにしろ楽しくできたので良かったです。w

 

 

エンディングの時に全部のゆるキャラで「ゆるキャラ音頭」を踊らなければいけなかったのですが、僕だけ全く振りを覚えていなくて悲惨な状況になってしまったのが今日の一番の思い出。w

 

一体だけどこか動きがおかしい?

 

それはきっと僕のことでしょう。w

 

でもやりきったので悔いはない!

 

 

2日間のゆるキャラカップ

 

初めてだらけで、とても新鮮な日々を過ごすことができました。

 

このキツかったけど、楽しかった着ぐるみ体験を明日からの生活の活力にしていこうと思います♩

 

 

 

明日は鳥取大学の学生をつなげる取り組みをしようとしている「TORIDAI connect」と、鳥取の学生を繋げようとしている「Connection's」のなようを詰めようと思っているので、終わり次第ブログを投稿していこうと思います。

 

今日は疲れたのでぐっすり眠れそうです♩

 

おやすみなさい♩

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ながーい棒と短い棒♩支ーえ合って「人」になる♩

 

 

「人」という漢字は、長い棒(強い人)と短い棒(弱い人)が支え合って成り立っている。

 

 

スポンサーリンク

 

 

皆さん一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか?

 

僕は幼い頃よく言われていましたw

 

小学生の頃、掃除が早く終わって友達とお喋りしているのを先生たちに見つかると「自分達の清掃区域が終わったんだったら、終わってない友達の所いって手伝いなさい!」と、当たり前の様に怒鳴られてきましたね。w

 

家族の誰かが風邪になった時は、その人の分の仕事は当たり前の様に皆んなで分担して取り組みました。洗濯とか、食器洗いとか、食事とか、、、

 

まぁ、当たり前の様に怒鳴られてきたからこそ「思いやり」だったり「きづかい」だったり、”人と人の支え合い”ってのを当たり前に身につけてきたんだと思います。

 

僕の周りの人たちも”人と人の支え合い”を身につけていると思います。

 

講義に遅刻しそうになった時、代筆を頼めば協力してくれるし。テスト範囲を聞けば共有してくれるし。ww

 

僕も含めて、そのようなことが”支え合い”だとは意識しておらず、むしろ当たり前のことだと思っていると思います。笑

 

 

 

しかし、当たり前の中で身につけてしまった分、そういった「支え合い」に気づきにくい環境になってるんじゃないかな。そんな風にも思うわけです。

 

 

 

「与えられているだけで、自分は全く他人に何も与えていないのではないか」そんなことすらもはっきりとは分からない。

 

 

 

偉そうに言ってるけど、そんなのは僕だけかもしれないですね。w

ってことで今回はそんな自分を改める、反省の投稿にしたいと思います♩

 

 

 

今日は前回の投稿でも触れました「ゆるキャラカップ」に参加してきました♩

 

天気も良くて心地よい風が流れていました。

 

そんな中集ったゆるキャラたち。

 

今日の種目は午前中に駅伝、午後にパラグライダー。

 

かわいい容姿とは裏腹に、砂まみれになりながらも本気で砂丘を駆け抜けるゆるキャラたち。

 

「大丈夫かな?」誰もが心配した着ぐるみを着てのパラグライダー。

 

怪我もなく、一般客も方も楽しそうにしていたので、1日目は成功したと思います♩

 

 

僕はゆるキャラを着て「パラグライダー」に挑戦しました。

 

初の着ぐるみ!初のパラグライダー!

 

初めてのことを2つ一気に経験できる、まさに一石二鳥じゃん♩

 

気分は絶好調♩

 

急いで着ぐるみに着替え、小走りで控え室を出ました。

 

「がんばるぞー♩」

 

・・・喜んでいたのも束の間。

 

着ぐるみの中はほぼ密封状態。あつい。

 

砂丘内を着ぐるみで1時間程度かけて、パラグライダーをする地点まで移動する。

 

パラグライダーはある程度飛べたけど、控え室まで30分程度かかる。

 

砂の上を歩くので本当にしんどい。

 

それでいて、子どもたちや観光客が近ずいてきたら、ぴょんぴょん跳ねて手を細かく早く可愛く振らないといけない。

 

それらの過酷な状況に加え、着ぐるみの構造上視界が悪い。ってかみえない。

 

喜んでる人の顔、パラグライダーで飛んでいるときの景色。

 

見えない。

 

なにも見えないんですよ。

 

当初の着ぐるみのイメージはとっくにありませんでした。

 

愛くるしい着ぐるみの中には、酷い顔した僕がいたとおもいます。それこそ再現できない顔w

 

そんな鳥取大砂丘の中、常に僕の手を持って誘導してくれたアテンドの方3名がいました。

 

うち2人は友達でした。

 

最初は一人が僕の手を引いて誘導していました。

 

でも、僕がきつくなってきた時、その手は二人になり。

 

登りや下りなどの時、その手は3つになっていました。

 

本当に感動しました。

 

「アテンドだからサポートするのは当たり前」

 

そうです。その通りです。

 

その当たり前になっていた、空気のような”支え合い”に気づけたからすごく嬉しかったし「大丈夫?」「休憩する?」の言葉が激しく涙腺を刺激したんです。

 

そしてもう一つ気づいたこと、それは

 

「環境を変えないと当たり前に気づかない」

 

 ということ。

 

着ぐるみという楽しそうだけど、過酷な環境にいたからこそ”支え合い”の大切さにき気づけたと思う。

 

今置かれている環境に満足してはいけない、の意味がわかりました。

 

気づかないんです。僕、バカなんです。

 

だから、これからも不器用なりにいろんな環境に身を置いて

 

当たり前の素晴らしさを実感していこうと思った。

 

そんな日でした。

 

 

PS:ハッピーハロウィン。僕はしっかり着ぐるみ着て仮装しましたよ。笑

 

 

 

 

 

スポンサーリンク  

 

 

ゆるキャラカップ in  砂丘 〜価値を見出すのはいつも自分だと思ってます〜

こんにちは!

スポンサーリンク

 

 

ハロウィンの前日ということでキャンパス内は盛り上がっています♩

 

来年こそは僕も仮装してキャンパス内をカブトムシの仮装して、匍匐前進で練り歩こうと考えています。兼城賢翔です。

 

さて、明日はいよいよハロウィン本番なんですが、僕は着ぐるみを着て鳥取砂丘で走ったり、パラグライダーしたり、縄跳びしたりします。

 

タイトルを見てお気付きの方もいらっしゃると思いますが、鳥取ゆるキャラNo.1を決める「ゆるキャラカップ in 砂丘」があるんです。

(ある意味、仮装してるっちゃしてるのでハロウィン満喫しているのかも、、w)

そのイベントに着ぐるみを着て参加するんです。

 

時間ある方は是非お越し下さい♩

 

 

以前から「着ぐるみを着てみたい!!」と切実に思っていたので、今回の様なお話をくれた鳥取観光コンベンション協会の方たちには本当に感謝しております。

 

天候にも恵まれ、快晴の名に等しい青空が広がったていた10月18日の日曜日。久松公園で行われた「第15回鳥取三十二万石お城祭り」に実行委員として携わっていました。3年ぶりに行われたメインイベント「時代行列」は江戸の人たちが現代にタイムスリップしてきたような感覚になる、とても迫力のあるイベントでした。

 

移住したてで、砂丘以外、鳥取のことを何も知りませんでした。「とにかく鳥取のことを知ろう」そう思って実行委員に応募したんです。

 

ミーティングの会場は毎回コンベンション協会さんの会議室でした。その関係でコンベンション協会の方々と面識があったんです。

 

いつも気持ち良く挨拶をしてくれるので、僕もすかさず挨拶を返し、その度に「お城祭り以外でも、僕の様な学生が参加できるイベントがあればお声かけください!誘われたら参加するのでw」と言っていました。

 

その言葉を覚えてくれていたのか、今回のゆるキャラカップも声かけしていただきました。

 

せっかく声をかけていただいたので一生懸命役を演じたいと思っています。

 

僕にとっては小さな夢でもあるのでw

 

 

 

「着ぐるみを着る経験は大切でしょうか?」

 

 

 

唐突に変な質問をぶっこんで申し訳ないです。笑 とにかくサブテーマに近づけたくてw

 

「学生の間に留学した方がいいよ」とか「部活やサークルはやった方がいいよ」はよく聞きます。

 

しかし「着ぐるみ着た方がいいよ」なんて言う人っていますか?

 

少なくとも僕は会ったことがありません。

 

でも、僕は今回の着ぐるみを着る経験はすごく価値のあることだと思っています。

 

「普段できない経験ができるから?」

 

「なにか報酬がもらえるから?」

 

もちろんその通りです。

 

でも、もっとたくさん価値を見出すことができると思います。

 

今回の場合で言えば「人との信頼関係」とか「また声をかけてもらうチャンスが増える」とか「そこでできる新たな仲間」とか「今後のおしゃべりの話題」とか、、、

 

探せばいくらでもあると思うんです。

 

そうやって付加価値をつけるんだと思います。

 

 

 

 

 

いつでも、どこでも、なんでも、かんでも、その物事に価値を付けているのは自分自身じゃないかなぁ。

 

最近なんとなくそんな気がしてるのです。はい

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

祝初記事♩

ー自己紹介ー

こんにちは!

 

スポンサーリンク  

人生初のブログということですごく緊張していますが、一応自己紹介からやって生きたいとおもいますw

 

鳥取大学地域学部の兼城賢翔(かねしろ けんしょう)です♩

 

好きなことは、人と話す事。面白いこと。感動することです♩

 

出身は沖縄県与那原町です!

 

今年の春から鳥取に移り住んできましたが、温度差にここまで衝撃を受けたのは初めてでしたねw

 

沖縄は春(3月〜)ぐらいから海開きですもん。w

 

さて、これから鳥取の冬がやってくる訳ですが、、、

 

僕と連絡が取れなくなったときは、そういうことです。w

 

 

大学では地域について学んでいます♩

 

が、地域について学ぶとはどう言うことか、、、

 

実は学生になって半年以上経ちますが、まだはっきりとわからないです。w

 

”地域”自体すごく抽象的な表現で、幅が広いんですよねー

 

自治体も”地域”として表現されるし、世界だって”地域”として捉えることができる、、、

 

とりあえず、今は福祉や法律、経済など、地域を構成する要素を学んでいるところです♩

 

とにかくいろいろなことに挑戦していこうと思っています!

 

自分の興味のあることはもちろん!

 

誘われさえすればやりたくないこともやってみますw

 

自分自身の振り返りと、モチベーションアップと、自己満と、現実逃避をこのブログでやっていきたいですw

 

こんな感じでまずは投稿してみましょう。w

 

PS:明日ホンバコでブログの書き方教えてもらうから、それの予習でした♩

 

スポンサーリンク