読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分勝手に私。

単なる自己満足ブログになると思います。笑 メール:kensho.tottori@gmail.com

ひさしぶりのお投稿。w

おはようございますー!

 

ただいま朝の6時3分です。笑

 

 

 

 

外は冷え込んでいて寒そうやな。

 

今日からまたブログ書いていこうと思っていたのに、他のことやっていて忘れていたわw

 

ひさしぶりのブログすぎてブログのログインパスワードもわかんないよ。

 

Safariの方はログインしたままだったからそこから入ったけど・・・

 

これからどうしようかねー

 

 

とりあえず、最近はたくさんの出会いと、発見、学びが多いのでアウトプットしていく環境としてブログをやっていこうと思います。

 

 

拙い文章になるとは思いますが、暖かく見守っていただけたら幸いです。w

 

今日はもう帰ろう。寒いw

 

 

明日からはしっかり自分と向き合いながら書いていきたいと思います♩

 

 

引き続き宜しくお願いします。

 

 

 

くまもんプロジェクト②

 

鳥取の人に震災について関心を持つキッカケを作る
 
知らない と言うのが正直なところです。
 
知らない と言うのは震災があったことが知らないというわけではないのです。やはり当事者にしか分からないことがあると思うし、第三者には分かり難い所もある。だから、当時鳥取にはいた僕らは当事者の意識は分からないのです。
 
中には熊本地方に知り合いや家族がいる方がいて、当事者意識がある人はいますが、それ以外の鳥取の方にはその意識が伝わりにくいし、それは仕方がないことだと考えています。
 
それでいいのか…
 
まぁ、確かに仕方がないことだと思うのです。
ここ鳥取ではかすかな揺れしか感じませんでした。距離を置いた熊本や被災地での被害について物理的に理解することは難しいのです。
 
知らないより知る価値…
 

 

 

 
 
ここではいつもと同じ風が吹いている。
f:id:kensho0406:20160529124614j:image
何気なく生活していればよその県のことが見えなくなってくる。きっと熊本地方で震災があったことを知らないと言う人は少ないでしょう。しかし、現在の熊本がどのような状況で、何が必要で、僕らに何ができるのか。そこまで深く知っている人は少ない。そもそも関心を寄せる機会が少ない。もちろん関心を寄せなくても、そのせいで熊本地方の震災について何も知らなくても、日常には何の弊害もない。でも、少しでも関心を持つことと、なにも知らないことだとどっちがいいかと考えた時、僕は知ることに価値を感じた。熊本震災に着いて知ることにより、自分の知識も増えるだろうし、誰かと話す話題も増える。しかし、一番の価値はそこではなく、"0から1"にあったと思う。何も知らない人が何かを知るキッカケをつかむ。0だったものが1になる瞬間。それが0から1。
 
あくまで主観だが、被災者の気持ちになって考えてみた。正直、今回の震災は誰も悪くない。自然の猛威は突然襲ってくるから。そんな状況で被災してしまったとき、物理的に"必要"なのはお金や食べ物などの物資とボランティアなどの人など。そして、それらはできる人しか提供できない。よって、もともと"それ以外の人"たちから何か提供して貰えるなんて期待していない。
 
f:id:kensho0406:20160531175201j:imagef:id:kensho0406:20160531175225j:image
 
そんな中、それ以外の人たちが出来ることは、やはり「知ること」
今それ以外の人にできる0から1であり、それ以外の人たちができる最大のコミットだと思う。
 
多くの人が0から1になり、熊本を知るキッカケをつかんで、そこから自分にできることを探し、"できる人"が増えていけばいいなぁ。

 

 

 
実はそんな思いがあった くまもんプロジェクトでした😁✨f:id:kensho0406:20160531175053j:image

くまもんプロジェクト @Connection's

f:id:kensho0406:20160529020834j:image今日は鳥取の若者を集め、様々な活動を実施している団体「Connection's(通称:C's/シーズ)」の企画 くまもんプロジェクト を鳥取駅北口付近で行いました🙋

 

 

 
主な内容は…
・熊本震災復興のための義援金集め
・応援メッセージ集め
・駅周辺の清掃
 
の3つです🎶
 
成果としては、120名以上もの駅前を歩く人から応援メッセージを頂き、1,784円の義援金を集めることが出来ました!f:id:kensho0406:20160528210757j:image
 
今回のプロジェクトの成果は、くまもんプロジェクトの意図するところにあります🙋✨
 
 
 
くまもんプロジェクトの目的は
鳥取からもエールを送る
鳥取の人に震災について関心を持つキッカケを作る
 
でした。
 
 
よって、鳥取駅を利用する大人の方と、ニュースの関心が浅い高校生をターゲットに声をかけ応援メッセージを書いて頂きました🙋
 
 
 
鳥取からもエールを送る
もどかしさがありました。
4月14日 その時僕はバイト先のカウンターで、客が来るのを待っていました。しかし、その空間に訪れたのは地震速報の音とその字幕だった。そこで初めて熊本地方の震災を知りました。東北の震災のこともあり、不安が立ち込めていました。SNSを開くと既に心配を寄せる投稿、被災状況を発信するメディア、ボランティアに向かおうとする人たちの姿がありました。そして、それらのアクションには僕らと同世代の仲間も参加していたのです。僕も何かしたい。そう思いましたが、現実はそんなに甘くなく、結局なにもできませんでした。しかし、ここで引き下がるわけにはいかず、鳥取からできることをしようと考えました。それが今回のプロジェクトです。鳥取には僕のような何かしてあげたいけど、結局できないって人がいるんじゃないか。そう考え僕がみんなの気持ちを集め、熊本の避難所で元の生活に戻るために頑張ってる人たちに送ることにしたのです。
 
しかし、いざ幕を持って駅前を歩く人たちに声をかけ、そして応援メッセージを書いていただき、さらに僕の浅はかではありますが勉強してきた知識を共有するというのは物凄く緊張するのです。まず、鳥取で自主的に活動している若者は少なく、前例のない挑戦だったといえるでしょう。(正しくは、前例はあるかもしれないが受け継がれていないため、現段の僕ら世代にはわからない)
 
正直怖かった。
 
最初は1人でやる予定でした。でも、僕の想いに共感し一緒にやってくれる仲間がいました。そして彼らは、僕のためではなく「私自身がやりたいんだ」という気持ちで参加してくれました。だからみんなで楽しみながら活動できたのです。若者(私たち)のWantをとことん追求していく。それがConnection'sです。素敵なメンバーに囲まれ、恐怖心などはとうにありませんでした。
 
楽しいに人は集まる。特に若者は。
 
僕らが楽しくやっていたからこそ、若者が120人以上も協力してくれたのでしょう。
 
本当に足を止め、貴重な時間をいただけたこと感謝します。
鳥取の気持ちとして、鳥取の言葉としてしっかりと被災地の避難所に届けます。
協力してくれた皆さん!
本当にありがとうござました🙇🙇🙇✨
f:id:kensho0406:20160529020820j:image
f:id:kensho0406:20160529020834j:image
f:id:kensho0406:20160529020903j:image
 
文字数が多いので、続きは次の投稿にて…

 

 

ホンバコ1年記念と新たな挑戦🙋✨

 
皆さんこんばんわ!
久しぶりにワクワクドキドキちむどんどんしております。兼城賢翔です🙋
 

 

 

さて、今日は僕の大好きなカフェ ホンバコ に行ってきましたよ🎶
今回ホンバコにお邪魔したのには2つの理由があります😎
 
1つ目はホンバコの1周年記念パーティーがあったから♪
少し思い出話も含めて書いてみます♪
ちょうど去年のこの日と言ったら鳥取初のスターバックスができ、いろいろ話題になりましたね😂
僕の友達らは、朝からテストがあるのにも関わらず、夜中からずっと並んでいた なんて話も聞いています(笑)
しかし、そんな中ホンバコもオープンしていたんですね🙋
もちろんオープン当初はホンバコの存在は全く知らなかった
 
僕が初めてホンバコに訪れたのはホープンから2ヶ月後の7月頃。
バイト先の先輩が鳥取のお店をたくさん知っていて、僕に教えてくれたのがホンバコを知るキッカケでした🙋
教えてもらった次の日、早速ホンバコへ出向きりょうかんさん(ホンバコ店長)とお話しをしました。
 
その時、リノベーションスクールの話を聞いて リノベーションに興味を持ったり、鳥取って面白いなって思ったり、俺もここで何かしたいって思ったり、とにかく僕が大学生活で求めていた刺激がここにあると思ったんです。
 
それからホンバコの常連になり、ホンバコ主催のイベントに足を運び、そこで出会った方々とお話をして、自分のモチベーションにつなげる。
 
ホンバコに集まる大人の方たちはみんな魅力的なんです、本当に🙋✨
そんな大人たちが僕の目にはカッコよく写り、憧れになっていました😎
また、皆さん暖かく受け入れてくれるし、必要な時はアドバイスをしてくれる。
 
そんな大変お世話になっているホンバコの1周年記念に行かないわけがない訳で🐪🎶
皆んなに祝われているりょうかんさんは嬉しそうでした😆🎶f:id:kensho0406:20160524030608j:image
これからもたくさんお世話になります🙇🙇w
 
 
 
2つ目はホンバコの夜の経営事業プレゼンがあったから🦀🎶
正直に言うとこれがメインでした(笑)
 
これまで午前中から夜の23時まで営業していたホンバコが昼までの営業になります。
ホンバコの営業時間が終わった後、沖縄の独特の雰囲気を活かしたBARを、僕が店長としてやっていきます!😆
その沖縄BARの紹介プレゼンがありました
 
僕はもともと 起業 に興味がありました♪
何か課題に対するアプローチの手段として、
起業できるようになりたい🙋
だから、今回の機会は本当にチャンスだと思い、りょうかんさんにこの事業を提案しました!
 
これからたくさんの人に支えてもらって、時にはお叱りをうけ、僕自身も成長していけたらなぁと思っています!
ただお酒やおつまみを出すだけでなく、皆さんとお話しながら鳥取と沖縄を知っていきたい。
他にもやりたいことはたくさんあります!
もちろん全部やります!
 
ご覧の通り文字で皆さんに誠意を示すことは下手くそです。だから行動を持って示していきたいと思います!
 
僕にもできることがあるはず!
そこを尖らせて鳥取に刺激を与えて行きたいと思いますので、これからよろしくお願いします😎🎶
 
最後に今日出会ったステキな仲間との写真♪
f:id:kensho0406:20160524033055j:image

 

 

 

【スタートはドリプラでした。】

 

皆さんこんばんは!


学生ドリームプランプレゼンテーション大阪 実行委員の 鳥取大学 1回生 兼城賢翔です🦀󾠔

 

今回はドリプラに出会ったきっかけと、イベント当日のお話をさせてください󾍓󾭠
長くなりますw

 

 

 

昨日は学生ドリプラの本番イベントが、大阪中央公会堂にて開催され、微力ながら僕も実行委員として運営を手伝いに行きました󾌲󾠔

 

学生ドリプラとは「学生が夢を語り、その夢の実現に向けて挑戦していく社会をつくる」を理念に、毎年6名の学生が自分の夢を500人以上の前でプレゼンするといったものです。そして、後援を募ったり、一緒にその夢実現に向けて協力してくれる仲間を集めるんです󾌲

 


僕が大学に入りたての頃、イメージしていた大学生活とのギャップで少し落ち込んでいました。

 

大学には「一度きりの大学生活、自分のやりたいこと挑戦していこうぜ!!」と言って、東南アジアにバックパックで旅したり、カフェやバーで起業したり、ヒッチハイクしたり、学生主体でいろんなイベントを開催したり、そんなキラキラしている学生が溢れていると思っていたから。(当時はそんな鳥大生と出会えていなかった。󾌴)

 

「このままでは、僕自身も面白くない学生になってしまう。僕には知らない世界が沢山あるはず。とにかく関西に出てそこの学生と関わり、もっと視野を広げたい!」

 

そう思って大阪の学生団体に入ることを決意し、見つけたのが「学生ドリプラ」でした󾌳󾭠

鳥取からの実行委員?!」ということで他の団体の方からはだいぶ珍しがられますが、現状としてはお金があまりなく、1ヶ月に1回、または2ヶ月に1回のペースでしか全体ミーテングに参加できませんでした。

 

そんな中でも実行委員のメンバーや、プレゼンターの方たちは「けんしょう、来てくれてありがとう」「頼りにしてるで」など、僕がミーテングに参加したとき、温かく家族のように迎えてくれました。

 

特に、ひろさんは週一のペースで電話ミーテングしてくれました。本当にありがとうございました󾍓󾌺

 

みんなのおかげで学生ドリプラが大好きになりました󾌳󾭠

しかし、そんな大好きなメンバーに会えるのは月に一度。

 

そこで思いついたのが「大阪に行くことができないなら、ここでできることをやろう!なかったらつくろう󾍗󾭠」でした。

 

それからはいろんなイベントに参加したり、団体を立ち上げてみたりしました󾌲󾠔

ドリプラで学んだ広報術や集客術も駆使したりしましたw

鳥取での学生生活もとても充実してきたのです󾍗

 

 


そして迎えたイベント当日。

先に待っていたメンバーに会うと「けんしょうやん、久しぶり!」と歓迎してくれた󾌺

メンバー全員、そしてプレゼンターの方も僕を歓迎してくれました!

とても嬉しかったです󾌺󾭠

 

本番中はでいさんと遊撃という仕事をしました

舞台袖で、プレゼンターが最高に緊張している瞬間に一緒にいたのです

そんな中、パートナーがプレゼンターを励ましている姿を見ると、パートナーの存在はデカかったと思います󾌺󾭠

 

予定より人数は少なかったけどイベントは大成功を収めることができました󾭠

僕はほんの少ししか力になれていないけど、実行委員とプレゼンターの絶対に成功させたいという気持ち、これまで支えてくれた人たち、そして当日来場してくれた方々。皆さんのおかげだと思っております󾍓󾍓

 

本当にありがとうございます󾍓󾍓󾭠

 

僕自身、これからはドリプラを通して広がった価値観や学んことを活かし、それを鳥取で擦り合わせていけたらと思っております󾭠

 

もっともっと成長し、デカイ男になった僕をみんなに見てもらうことでドリプラの恩を返していきます!

 

引き続き兼城賢翔をよろしくお願いします󾍓

 

この度はお世話になりました!!

ありがとうございました!󾭠󾍓

 

初の東京♩

こんばんは♪
先日、初東京&初京都してきました。兼城賢翔です🙋

5日(土)東京では"地域ベンチャー留学フェア"

6日(日)京都では"関西学生サミット"

に参加してきました😆🎶

 

 

【地域ベンチャー留学フェア&大尊敬する友達との再会】

4日の23時に鳥取から東京に向けて鳥取大学前駅かはバスが発車しました♪

バスに揺られること約12時間。

不慣れなバス移動でとても疲れました😂

フェア開催まで少し時間があったので、バスの隣の席で仲良くなった一つ上の先輩と渋谷に行くことにしました🎶

かわいいわんちゃん、映画でよく見るスクランブル交差点。

鳥取ではありえないほどの人の多さに酔いそうでした😂

 

そしていよいよ地域ベンチャー留学フェア🎶

一般のインターンと違い、地域ベンチャー留学のインターンは"課題解決型"でとてもやりがいがある取り組みだそうです

確かに僕のイメージしていた、作業をこなしてスキルを身につけていくようなインターンとは違い、1ヶ月間しっかりと地域でベンチャーに取り組んでいる人の右腕となり、一緒に活動していけるプログラムはとても魅力的だと感じました😆✨

どのプログラムでも共通していたのは"その地域の強みを活かす"ということです

「日本一の蛍」や「世界初のアンコウ研究所」などの地域資源を活用し、人口を増やしたり、地域の魅力づくりを目指しています。

地域の強みとは各地域様々で、プロジェクトのプレゼンデーションは聞いていてとても楽しかったです😆✨

と、同時に、定番ではない地域資源を活かしたプロジェクトはないのかと気になりました。

定番な地域資源といえば、そこで大量に生産できる農産物や、美しい景観、観光地などが挙げられるでしょう

僕はそんな定番な地域資源だけを活用するのではなく、もっと定番ではない地域資源も活用していくことが、新しい地域の魅力づくりだったりに繋がり、地域の課題も解決していけるのではないかと考えています🙋

最近"ノーマライゼーション"の考え方を学びました。

いわゆる社会的に弱い立場にいる人たち(老人、引きこもり、障がい者)も健常者同様、普通の生活を送るれるように支援する。という考え方です。

老人、引きこもり、障がい者などは、地域の中ではマイナスなイメージがあり、地域社会から切り離される傾向があります。

しかし、彼らを"人材"という一つの地域資源とし、その資源を活用した地域の魅力づくりができたら…

適切な表現じゃないかもしれませんが、地域をボトムアップしていけると思います。

とりあえず、手始めに鳥取の老人、引きこもり、障がい者について調べてみようと思います🙋✨

 

地域ベンチャー留学の後は、夢フェスで出会ったテトラに会いに行った😆✨

テトラはめっちゃ好きで、めっちゃ尊敬してて、めっちゃ頭良くて、めっちゃ好きな友達!!😆

めっちゃ好き二回言ってる。笑

テトラと中野で待ち合わせして、ご飯食べて、スカイツリー→雷門→東京タワー→新宿をたった4時間で回った😂

途中で「起業してみたい」って話したら、実はテトラも大学生の時に起業しようとしていたみたいで、いろんなこと教えてもらった(*^^*)

特にディスカウントキャッシュフロー方式の話が分かりやすくて面白かった😂✨

テトラは本来の夢である弁護士になった後、起業したいって話してた😁🎶

何もかもにも興味を持って、常に勉強する姿勢は本当に見習う!!

毎日10時間も勉強してるって。

自分の甘さに気付かされました🙋

もっと知識と実践を積んで、今より大きくなって会いに行きたい!

そして東京を満喫したあと、テトラと握手して夜行バスに乗り込み梅田に向かいました♪.

 

この後の関西学生サミットの投稿は後日します🙋🎶

そろそろ遅いので寝ます😂

 

だっぴ30✖️30 に参加したよ♩

こんばんは😆

鳥取大学 地域学部 1回 兼城賢翔です!!

この度は森 一憲さんを筆頭に開催された「だっぴ 30×30」で大変お世話になりました🙇

今回はそれに関わった全ての人に対する感謝と、感想を少し書いてみたいと思います🙇✨

 

たくさん書きたいことあるけど、割愛して3つだけかきます😆

 

【起業する】

この覚悟が、今回の一番の収穫だったと思います✨

僕は将来、沖縄を活性化していく一人になりたい。

だから、最近は"活性化"する手段を探していました。

だっぴでは実際にNPO法人一般社団法人を立ち上げ、本質的に社会の課題を解決していこうとしている方々に出会いました🎶

そんな社会起業家の方々とお話しして「社会の課題を解決していくプロセスの中で"活性化"もできる」と気付きました😆✨

と、同時に"活性化"という言葉は全く本質的ではないということにも気づきました😱(いろんな人に活性化の定義を聞いてまわるとその意味が分かると思いますw)

地域社会の課題を解決していく。そのプロセスの中で地域を活性化していく。

絶対にうまくいかないと思うけど、とりあえずやってみます😂✨

2年以内に起業します!

MAKERS university受かったら1年以内に起業します!😆✨

ここまでのモチベーションを上げれたのも、実際に僕が目指している起業家の田中 玄洋さんや、平賀さんをはじめとする社会人の方々と真剣にお話しできたからです😭

本当にありがとうございます🙇

これからもご指導ください🙇

 

【考えの深さ】

学生と社会人の違いと言ったら一番はこれだと思います!

まぁ、生きてきた年、経験 等ありますから、ものごとを見る視点が多いし、視野は広い!

当たり前ですよね😂✨
でもぶっちゃけ社会人の方とお話しして気付きました。🙇

普段の生活で自分の考えの浅さを指摘してくれる人はいませんよね😂

だから自分の考えの浅さに気づけない学生が僕も含めてたくさんいると思います😱

それが「学生の考えは浅い」って言われる原因かもしれないですね😭

だから、社会人の人たちと関わっていくのはものすごく大切だと分かりました😁✨

どのように社会人との関わりを作って行くかがこれからの課題です🙋

 

【不器用なりに】

僕はものすごく不器用です🙋笑

そんな僕でも今後活躍していくために必要なことは「自分の武器を持つこと」「なにかエッジの効いたスキルを身につけること」「それらを確立していくこと」だと思っています🙋

エッジの効いたスキルに"行動力"を取り入れるために、とにかくいろんなことをやって、いろんな人にあって、いろんな話をしていこうと思います🙇✨

口だけの安い男にならないように頑張りますので、引き続きよろしくお願いいたします🙇✨

また、素晴らしい出会いを作ってくれただっぴの皆さん!当日お忙しい中集まって下さった社会人の皆さんと学生の皆さん!

本当にありがとうございました✨

これからもこの出会いを大切にしていきましょう😆🎶